開発対象地の面積が   程度なら、
  右記に挙げた形態の建物等が建築対象となります。
 

◆小規模店舗◆
ラーメン店
◆小規模倉庫◆
事務所付倉庫・営業所
各種工場
◆貸地◆
月極駐車場

 


敷地面積: u   坪)  
建築面積: u   坪)  
建築費: 円也      

借入金額 円也
借入利率
返済期間

返済金額 円/月
  円/年
返済総額 円也(予定)

契約期間 年間

賃料 円/月
円/月
  円/年
円/年
※ ( )内は賃料から返済金額を差し引いた手残り賃料です。

表面利回り
%)
実質利回り
%)

※ ( )内は手残り賃料での各利回りです。
諸経費として、固定資産税、都市計画税、管理費修繕積立金の割合を年間賃料の15%で試算しています。

建築方法の一般的なものは、左記に挙げる金融機関からの融資を受けて建築する方法ですが、これ以外に※1定期借地契約(借主が必要な建物は借主の自己負担にて建築し、解約時には更地に戻す)や、※2建設協力金として、借主がその建築費用を負担(通常50%〜)することにより、オーナーの借り入れ額が減り、融資により発生する利息分を減額することができます。また、建築した建物を※3定期借家契約(更新がない契約)にする場合もあります。

詳細は、下記をクリックしてください。

*1
*2
*3

上記には実際の例を挙げておりますが、開発対象となる土地の様々な状況・要因(地域や地形、建築に関する法規制等)によって異なりますので、詳細についてお知りになりたい方は、弊社営業部宛てまでご連絡ください。

 
  アクセスマップ 会社情報 ヘルプ サイトマップ